生活環境

平成25(2013)年末現在の愛知県内の外国人住民数は、197,808人で、前年の外国人住民数に比べ1,838人増加しました。県内総人口(7,435,247人。愛知県統計課「あいちの人口(平成26年1月1日現在。推計人口)」による。)に占める外国人住民数の割合は2.66%です。
愛知県内の市町村における外国人住民数の状況(平成25年末現在)
愛知県は2005年に開催された愛知万博の影響もあり、外国語表記の案内板も増え、外国人に対して優しい街づくりの整備が進行しています。

環境情報

気候

本県の気候は年間を通して温和で、降雨は夏季に多く、冬季に少ないです。渥美半島と知多半島南部は黒潮の影響を受けて温暖ですが、北東部の山間地域ではやや冷涼で、気温の較差がかなりみられます。濃尾平野の北西から西にかけては、伊吹山地・養老山地・鈴鹿山脈などがあり、冬季には大陸方面からの季節風による降雪がみられます。

愛知県 「あいちのあらまし-気候-」


*平年値は1981年から2010年までの30年間の平均値
愛知県 WEBサイト 統計課 平成26年 平均気温と降水量の平年値比較(名古屋)-土地・気象


生活費

名古屋は日本の3大都市のひとつでありながら、物価や住居にかかる費用は東京や大阪に比べ安く、通勤にかかる時間も短いため快適な生活を送ることができます。

総務省 消費者物価指数(2014年度、平成26年度)
都道府県庁所在市51市の消費者物価(持家の帰属家賃を除く)の地域差指数


通勤

東京、大阪、名古屋を中心とする大都市圏の通勤時間(家計を主に支える者が雇用者である普通世帯)の分布の中位数の時間は、通勤者の住む都市圏の広さが中京圏はコンパクトであること、多くの雇用者が通勤する名古屋とその周辺地域を結ぶ公共交通機関網が比較的発達していることもあり、中京圏は他の大都市圏と短くなっています。

総務省 住宅・土地統計調査(2013年度、平成25年度)に基づき計算

通勤時間分布中位数の時分

通勤時間別割合(自宅・住込み、時間不詳を除く)

中京圏
関東圏


近畿圏



外国人の入国、在留手続


外国人の住民登録


外国人の教育

日本の義務教育は9年間と決められており、6歳を過ぎた4月に小学校へ入学し6年間通学します。その後、12歳になると中学校に進学し、さらに3年間通学します。公立の小・中学校に通った場合、この9年間の授業料、教科書代は無料です。教科書以外の教材の多くは有料となります。
また昼食は学校で食べるため、その費用を負担する必要があります。
外国人の場合も公立の小・中学校の場合、日本語の能力に関らず、原則として子どもの年齢に応じた学年に編入することができます。(日本の義務教育では、「ホームスクーリング」が認められていませんので、通学させる必要があります。)また、公立学校は、居住の地域によって決められています。
9年間の義務教育を終えた後は、高等学校の3年間教育があり、現在日本では90%以上の生徒が高等学校に進学しています。ただし、高等学校に入学するには入学試験を受け、合格する必要があります。

【インターナショナルスクール等】
インターナショナルスクールとは、文部科学省の中央審議会は「法令上特段の規定はないが、一般的には、主に英語により授業が行われ、外国人児童生徒を対象とする教育施設であると捉えられている。」としています。
インターナショナルスクール等の一部は、学校教育法第83条に基づく「各種学校」として都道府県知事の認可を受けています。
いわゆるインターナショナルスクールと言われているもの以外にもが、その他の外国人学校、英語以外の言語による教育施設もあります。
なお、インターナショナルスクールなどの外国人学校の中等教育相当を修了していても、学校教育法上の中学校を卒業したことには、かならずしもならないので、当該教育施設に個別に問い合わせる必要があります。

文部科学省が大学入学資格を取得できる高等教育を行っている施設と認められている外国人学校
・「我が国において、外国の高等学校相当として指定した外国人学校
(我が国において、高等学校相当として指定した外国人学校一覧)」
(平成27年3月13日現在)
我が国において、高等学校相当として指定した外国人学校一覧(平成27年3月13日現在)

・「国際的な評価団体(WASC、CIS、ACSI)の認定を受けた外国人学校(国際的な評価団体認定外国人学校一覧)」
(平成27年3月24日現在)
国際的な評価団体認定外国人学校一覧(平成27年3月24日現在)


外国人の医療

愛知県救急医療情報システムでは、愛知県内で外国語対応ができるスタッフのいる病院を検索することができます。英語、ポルトガル語、中国語、韓国語、スペイン語、その他から言語が選択可能。(念のため、病院にいく前には、あらかじめ外国語対応スタッフが希望の日時に勤務しているのか確認してください。)

愛知県緊急医療情報システム

愛知救急医療ガイド
Foreign Resident’s Guide – 愛知救急医療ガイド –



外国人、留学生の就職支援


愛知県内の外国公館等



健康保険

日本では病気や怪我をしたときに、安心して医療を受けられるようにするために、すべての国民、在留者は何らかの健康保険に加入しなければなりません。
被用者で、社会保険方式で運営される被用者健康保険の対象となる方は職場に問い合わせてください。
被用者保険の対象とならない方は住民登録(3か月を超えた在留期間での在留資格)のある方は地方自治体が運営する国民健康保険に加入しなければなりません。加入手続は市町村(名古屋市は区役所)の窓口で行ってください。

国民健康保険

名古屋市の場合


年金

日本では20歳以上60歳未満の日本に居住するすべての者は何らかの年金に加入しなければなりません。
被用者は原則として厚生年金に加入します。職場に問い合わせてください。それ以外の方は国民年金に加入します。年金の加入手続きは市町村(名古屋市は区役所)の窓口で行ってください。
国民年金の加入手続き

名古屋市の場合

国民年金は資格期間が25年以上ある人が65歳になった時に受給できます。ただし、外国人の場合、60歳までに25年の受給資格期間を満たせないことが確実な場合に脱退が可能となったり、日本を出国した場合に脱退一時金を請求することができる場合があります。
詳しくは日本年金機構にお問合せ下さい。