愛知の歴史・文化・観光

愛知の歴史

愛知県は、古くは尾張、三河と呼ばれていた地域です。
戦国時代には、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康ら戦国三傑と呼ばれた武将がこの地域を舞台に活躍しました。
江戸時代以降、尾張は徳川御三家のひとつ尾張徳川家の領域となり、三河には多くの譜代大名が置かれました。
明治4年の廃藩置県の後、尾張は名古屋県に、三河は額田県となりその後明治5年に名古屋県が愛知県と改められ、額田県と合併して現在の愛知県域が確定しました。
現在愛知県は、38市14町2村からなっています。

愛知の観光

愛知県には、自然の景勝地、三英傑ゆかりの歴史遺産、地域の特色であるモノづくりをテーマとした産業観光資源など魅力あふれる観光資源がたくさんあります。
愛知県は自然に恵まれた地域で、海や山などの行楽地にも短時間で行くことができます。また三英傑ゆかりの歴史遺産、愛知の特色である「モノづくり」をテーマとした施設など、魅力的な観光スポットも多々あります。
愛知県を訪れた人に「再び愛知県を訪れたい」と思っていただけるような観光地にすることを目標として、「愛知おもてなしキャンペーン」を実施しており、外国の方、障害を持った方にもやさしい街づくりを目指しています。

関連リンク

愛知県のレクリエーション施設

愛知県内には文化施設、スポーツ施設をはじめとするレクリエーション施設が数多くあります。